明るいモラハラ卒業ブログ

モラハラを卒業するために少しでも誰かの助けになればと思います。

時間が解決してくれるもの

久々のブログになってしまいました。

台風通過中ですね。

7月は「今年は冷夏?」って言われるくらい近年にしては気温が控えめだったのに、8月になった途端にいきなり猛暑💦

そして9月になって、まだ暑いですが夜は少し暑さが緩んできたかな?という感じです。

今年、かなり久々にミンミンゼミの声を聴きました。

 

さて、緊急事態宣言から調停が長らく止まっていたのですが、先日やっと開催されまして、かなり進展しました。

もちろん、ブランク中にいろいろとローカルで進展があったのですが、時間で解決するものもあるんだなあと思いました。

なにより、相手の態度が変わってきた感じがしました。

 

一人暮らしになって、自由を満喫しているようです。

きっと「結婚には向かない人」だったんでしょう。

子供のまま大人になって、年ごろになって結婚したけど大人になれず、別居してまた子供に戻れたんだと思います。

離婚後は他人なので子供のまま生きていこうが、私にはもう関係ありません。

 

かつては25歳で結婚できない女性は行き遅れとか言われた時代もありましたが、

つくづく

 

「結婚はしてもしなくていいもの」

「結婚には向き不向きがある」

「離婚は良い結果になる場合もある」

 

と思ったのでした。

 

 

 

 

自分の好きなものはそのままでいいんだよ

もう6月も今日で最終日。

2020年も前半過ぎましたね。早い!!!

 

朝のTV番組で、たまたまアーティストの歌の紹介を見ていてふと思い出しだしたことがありました。

元旦那はものすごく世界が狭くて、自分のお気に入りの一組のバンド以外は絶対に認めない人でした。

なんでも中学生?の頃にそのバンドの曲を聞いて、魂を感じたのだとか。

そのバンド以外の曲はすべて魂がこもっていなくて、くだらないのだとか。(なんて失礼な・・・)

 

新婚当初は私もそのバンドの良さを理解しようと車の中でかかっているメロディを聞いていたのですが、やっぱりどうしても好きになれませんでした。

結局最後まで理解できないままでした。

 

私は正反対で流行りの曲でもいいなと思ったりもするし、ファンクラブ入るほどじゃないけど好きなアーティストもチラホラいます。

J-popだけじゃなくK-popでも洋楽でもこだわりなく気に入ったら聞きます。

そもそも魂こもってないとダメとか考えたことがないし、歌の入ってないBGM集だって聞きます。

遊び感覚で音楽作ったら楽しい曲できたっていうのもアリです。

作曲したり歌ってる人が楽しく作ったものって、こっちも楽しくなるじゃないですか?

音楽って「音を楽しむ」って書きますよね。

 

優しい人は、「相手の趣味を理解しよう」と頑張る人も多いのではないでしょうか?

でも、その必要はありません。

理解できなくても罪悪感を感じる必要も全くありません。

「私は私の好きなものが好き!」でいいんです!

 

だって、違う人間ですもん。

性格も顔も生きてきた環境も感性も違うんだから、好きになる音楽が同じになるわけない!!!

たまたま同じだったら楽しいでしょうけどね。

無理して好きになることはないし、私にはできませんでした。

でも、それで正解だったと思っています。

おかげで、今こうして離れた後も自由に自分の好きな曲を楽しめています!

 

あの時、相手の好きなバンドを好きになれなくてよかった!と心から思います。

人間にとって文化ってとても大切なものだと私は思うので、感性の境界線はきっちり引いておいた方がいいと思います。

自分の世界は自分の感性だけのもの。

大切にしましょうね(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

別居前にしておくこと

久々に買い物で外に出たら、すっかり初夏になってました。

 

さて、国からの特別定額給付金(10万円一律給付)の件で、世帯主にまとめて振り込まれるということに決まりましたが、「DVなどの場合、適切に家族が受け取れないケースもある」とザワザワしましたね。

それだけDVを受けている人が多いということですから驚きました。

日本、どうなってんの・・・?

結果、DVで避難している人の場合は市役所に申請すれば、自分のところに届くということになりましたね。

多くの方が声をあげてくださったおかげで、特別措置が設けられて私も助かりました。

 

私の場合、もちろんDVもあって別居前に役所にいろいろと相談していたので、その履歴を残してくださっていて、無事に送付先を分けてもらう事が出来ました。

当然、コロナでこんな状況になるとは全くの想定外でしたが、相談に行ったことが思わぬところで役に立ちました。

これから別居される方は事前に役所や警察などに相談しておくことをおすすめします。

今回のケースは特殊ですが、使える制度や身を守る方法など、いろいろと相談にのってくださいます。

秘密は厳守してくださいますので、一人で悩まないでくださいね。 

 

 

 

 

 

 

 

宅配やっててよかった・・・。

もうすぐGWなんですね。

かといって、自粛解除になるかと言えば、まだまだ難しそうですが・・・。

テレワークするようになってから、電車に乗るのも怖くてスーパーくらいしか外出していません^^;

スーパーも、夜の閉店1時間前など、買い物客がほぼいない時間帯に行くようにしています。

もちろん道行く人も少ないです。

 

でもさすがに、外出は控えたいので、こういう時宅配やっててほんとによかったー!って思います。

うちの地域の生協さん、今の時期も頑張ってくださってますよ~。ありがたい✨

・お肉や魚を冷凍食品にしてくださってるので、保存がきく!

・値段がスーパー並みだし、お米や油など重いものを運んでもらえる!

・日用品なども扱ってくれてるので、かさばる物なども運んでもらえる!

週一なのでついつい買いすぎてしまったりしますが、今の時期はこの上なく助かってます。

おかげでスーパーには不足分だけ買い足しに行く程度で済んでます。

ちなみに私は生協さんをやたら推してますが、ただのユーザーで利害関係は全くありません💦

 

 

昔はキッチンエールを使っていて、そちらは注文した翌日に届くのが便利でとても助かりました。

 ただちょっとお値段はお高めでしたね。

他にもたくさん業者はあるので、宅配業者さんによってそれぞれ魅力があると思いますので、合うところをチョイスするといいと思います。

 

近所に激安スーパーがあるので愛用していたのですが、さすがに今月から営業時間が短縮になって買い物客も多いので、最近は怖くて行っていません。

その代り今は、食費以外にお金使う事はあまりないので安全重視にしています。

 

運動も、なるべくヨガとかストレッチとか筋トレを仕事の合間にやるようにしてます。

それにしても早く安心して外出できるようになってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自粛生活でDV,モラハラが増えてるって?

春なのに、あちこち自粛の日々ですね。

街中でも飲食店もランチ営業を停止したり、持ち帰り弁当を販売しだしたり、いろいろと対策をされてます。

私も2月頃からほぼ外食は控えて、自炊と出勤した時はコンビニ弁当が多くなりました。

気にしすぎって言う人もいるかもですが、食事時ってマスク外さざるを得ないし、隣に座った人や周りにいる人がマスクせずにしゃべりまくってたら安心して食べられないもの。

元から持ち帰りも扱ってたお店って、こういう時強いかもね。

けど、みんなで安心して外食できるように早くなってほしいですね。

 

ところで、ニュースを見ていたら、自粛生活で家にいるとDVやモラハラが増えてるとか。

DV,モラハラって経験上から言いますと、今まではいい夫(妻)だったのに、あるきっかけで突然そういう人になる場合が多いです。

だから結婚時に見抜くことはかなり難しい!!!

 

でも・・・元々そういう要素を持っていた人なのは確かだと思います。

個人的に「世の中が落ち着けばおさまるだろう」という考え方はあまりお勧めではないです。

余程、相手がの方が自省できる人でないと無理だと思いますし、そういう人なら一時期カッとなってもすぐに反省して謝罪した上、もうすでにされていないのでは?

 

各家庭、いろんなケースがあるので一概にどうしたほうがいい、というのは言えませんが、一番大切なのは

 

相手がそういう面を持っている事から目を背けず、

そういう人なのだという事を認識したうえで

「自分はどうしたいか?」をよく考えて、自分で結論を出すこと

 

だと思います。

身の危険がない限り、焦って動く必要はないと思いますが、ゆっくりよーく自分と向き合って考えてみてくださいね。

 

【4月22日より順次発送 】送料無料 在庫あり 50枚 1 1DAYMASK マスク 不織布マスク ますく 3層構造 高密度フィルター 花粉 ウイルス対策 国内発送 ホワイト 17枚×3パック 使い捨てマスク プリーツマスク 男女兼用

価格:2,850円
(2020/4/5 14:48時点)
感想(18件)

 

 

 

ジョージ秋山さんの「夫婦・離婚について」

なんだか春らしくなりましたね。

世の中はまだ落ち着いていないですが、早く安心して外出できるように落ち着くといいな・・・。

せめて気持ちだけでも明るくなれるといいですね。 

 

先日、通院している心療内科に行きました。

座る場所がなかったので、壁際の本棚のあたりに立って待っていたのですが、本棚にジョージ秋山さんという漫画家さんの「浮浪雲(はぐれぐも)」という古い漫画を暇つぶしに手にとってパラパラと読んでみました。

昔の時代の夫婦漫画で、さらに書かれた時代も昭和時代なのですが、作者の人生観のようなものが表現されているような作品のようでした。

そして、後ろのほうに作者の結婚や離婚についての持論を書かれていたページがありました。

昭和の男性が書いた内容だから男尊女卑なんだろうなあ・・・と思いながら読んでみたら意外とそうでもなかったので驚きでした。

手元にもなく著作権上抜粋もできないので、覚えている限り私なりの解釈で書きます。多少の解釈のズレはご容赦ください。

 

夫は妻の食事の支度に不満があっても文句を言うな。作ってくれるだけでもありがたいんだ。「家事は嫁がやるもの」と思うから腹が立つんだ。それは嫁への依存心だ。

食事の支度ができてなかった時は「ああ、こいつ今日は疲れてるのかな」とでも思って自分が作ってやれ。そして「今日は俺が作ってみたよ」とでも言ったら嫁は喜ぶ。そうすれば、嫁も感謝してうまくいくんだ。という内容だったと思います。

 

また離婚については、無理だと思ったら恥だとか世間体だとか気にせず離婚したほうがいい場合もある。という昭和時代にしてはかなり離婚に肯定的な内容でした。

 

 

もうちょっと詳しく読みたかったのですが、時間の都合上それ以上は読めませんでしたが、夫婦というのはお互いの人間性を尊重しあえてこそ、長くうまくやっていけるのだと思いました。

作中でも、時代もあるのかもしれませんが、主人公の雲さんとカメさん夫婦でお互い丁寧語を使って会話してますし、お互い相手の領域に入り込まない、程良い距離感があります。

 

なにより、私がすごいなと思ったのが「依存心」という言葉でした。

依存という言葉を辞書で引いてみると「他のものに頼って成立、存在すること」という意味だそうです。

人として成長してきちんと自立していたら、お互いを思いやることができるはずですよね。

夫婦でも家族でも友達でも、やはり思いやりって大切です。

モラハラなるのはやはり依存心があるからだと思います。

それが苦痛になったら、離婚するほうがお互いのために良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モラの特徴 その①「食べ方が汚い」

徒然に書いているブログですが、アクセスが意外に多くて驚いています。

モラハラで悩んでる方多いんだろうなあ・・・。

 

これから結婚する人や、結婚相手が「モラかも?」と思われる方向けに、個人的な見解ではありますが「こういう人はやめといたほうがいいよ」シリーズを書いてみようと思います。

 

まず一つ目、

「食べ方が汚い」

です。

 

食べ方って、すごく「人柄」というか「育ち」「品性」などが出ます。

 

私の会社に高級料亭のお嬢様が新人配属されて、女子みんなでランチ会をしたことがありました。

それから少し経った頃、彼女と雑談していた時に「内緒ですけど・・・」と性格の悪い同僚を「あの人、すごく下品な食べ方していたから、関わりたくないんです」と話していました。

その頃の私は他人の食べ方までそれほど注意して見ていなかったので、驚きました。

さすがに高級料亭で育てられただけあって、食べ方の躾はきちんとされていたのでしょうね。

「食べ方が汚い」と言われた同僚は、まさにモンスター社員でした・・・。

 

また、モラハラ元夫もそういえば最初から食べ方が強烈に汚かったです。

今、その頃の自分に「その人はやめときなさい」って忠告してあげたいほど。(溜息)

 

一例をあげると、一口目からガッつくと同時に無意識に猛烈に息を吸うみたいで、(もちろん口に食べ物を含んだまま)「ゲエホッツ!!!」とむせます。

また、自分の顔を食べ物のほうに近づけます。

いわゆる「犬食い」ですね。

勿論、レストランの店員さんにも横柄だし、待ってる間も足を組んだり、椅子をガタガタさせたり・・・。

結婚前ですでにこれでした。

同居してからはもう、うんざりするぐらい汚かったです。

モラに加え、品性のなさ、教養のなさは言わずもがな・・・。

 

一方、私の友人が結婚相手とお見合いをしたときに、一番印象的だったのが「相手の食べ方がすごく綺麗」という事だったそうです。

結婚後も「正解だった」と言っています。

そのご主人は、本当にできた方で東大合格率が高いことで有名な高校を卒業してらっしゃり、家庭でもとても気が利くそうです。

その友人もかなりレベルの高い国立大卒です。

奥様が料理中、子供が泣いて一瞬手を放したら、何も言ってないのにさっと代わってカレーをかき混ぜてくれてたとか。(実際に目の前で見ました)

友人宅は家の事情でお姑さんと同居なのですが、奥様のほうを必ず守ってくれるそうです。

今では「彼なしでは生きていけません!」と、しっかり者の彼女が言うくらいです。

 

ちなみに「食べ方」は男女関係なく、前述のモンスター社員だった同僚は女性です。

結婚を考えてる方は相手と食事をする機会も多いと思いますので、ぜひ「食べ方」をよく観察してください。

食べ方が汚い、店員さんへの態度が横柄・・・とちょっとでも違和感を感じたらパスしたほうが賢明かもしれません。