明るいモラハラ卒業ブログ

モラハラを卒業するために少しでも誰かの助けになればと思います。

人生のモデルコースについて

冬から一瞬春になって梅雨になりましたね・・・。

年々、春が短くなってる気がします。

 

一昔前に比べるとかなり世の中もライフスタイルも変わってきてますが、私が結婚した頃は世間に人生のモデルコースみたいなものが暗黙の了解でありました。

 

高校を卒業したら大学(短大、専門学校)進学、卒業したら就職して25歳までに結婚、30代前半までに出産(子供2~3人)、マイホーム購入→子供たちが独立したら夫婦で余生を過ごすという感じでしたし、みんなそうするのが当たり前でしょ?な世の中でした。

特に適齢期過ぎても結婚できない人は「問題あるんじゃないの」という目で見られる時代でした。

よくよく考えたら必ず25歳までに運命の人と全員が出会うなんてこと自体ありえないですよね。

 

私はまず大学受験で一回失敗して浪人してるのでそこで1回目のコースアウトを経験してます。

卒業式、みんなが解放感と新しい門出に希望でいっぱいの中、一人職員室で先生から予備校のパンフレットもらうためにストーブの前で待っていたら、名門大学に合格した同級生達が入ってきて前で楽しそうにしてたのが辛かったな。

あの時は恥ずかしさと不安で人生真っ暗になった気分でした。

 

でもいざ予備校行ってみたら、同じ仲間いっぱいいるし、講師は個性的で面白いし授業は分かりやすいし、寮は同世代の子ばかりで意外と楽しかったんですよね。

大学生活にはかないませんが、学生生活で一番楽しかったかもしれません。

もちろんプレッシャーは半端なかったし、勉強も必死でしたけど。

講師が結構ぶっ飛んだ豪快な生き方をされてる人が多くて、授業の最初にちょこっとご自身の人生経験を語ってくださる時があったのですが、それが後々の自分にとってとても参考になったりしてます。

案外、女性の講師のほうがいい意味で豪快でした。

保守的にな田舎では聞けないような話だったので今思うと貴重だったな。

 

2回目のコースアウトはもちろん離婚です。

まだモラハラの後遺症は抜けきっていませんが、別居してからどんどん体調も気分もよくなりました。
夜中寝ていて蹴られることもなく朝まで眠れるし、どこで座ってもどこで寝転んでも文句言われないし、晩御飯が焼き魚でも文句言われないし・・・って普通の人からしたら当たり前の生活ですが、断然結婚してた時より気楽です。

 

今思うと、一般モデルコースで生きてた方が格段に辛かったです。

意外とコースアウトしたほうが楽しかったりしてます。

私には一般的なモデルコースは合わなかったようです(笑)

 

離婚してからの人生設計ってモデルコースがないんですよね。

もうここからはその人それぞれって感じがします。

今、正直ビジョンが全くありません。

別の言い方をすれば「自由」

でもそれもいいかなーと思ってます。

 

今思えば、子供の頃に親に叩き込まれた人生のモデルコースは絶対嫌だったし、就職試験の面接でもやたら将来設計も世間一般のモデルコース前提ありきで聞いてくるので無難な回答をするしかありませんでしたがものすごく嫌でした。

 

今は就職の面接でプライベートなことまで立ち入って聞かれないと思いますが、当時はそれはもうズケズケと失礼なことを言われるし聞かれました。

ニコニコしつつも「今この就職試験ですら合格なのか分からないのに、そんな何十年も先の事なんか分かるかー!」って心の中で絶叫してました(笑)

当時、上から目線で好き勝手聞いて来てたあのおじさん達も、今こんなに価値観が変わるとは思ってなかったでしょうね。

まあ、幸いそういう会社とはご縁がありませんでしたが、今思うと入らなくて良かったなーって思います。

 

ちょっと話がそれましたが、世間の描いた理想の人生なんて「こういう生き方が一般的」っていう単なるパターンの一つにすぎません。

合う人と合わない人がいるし、違っても恥じることはない。

他人とは一味違う人生の方が実は自分にとっては幸せだってこともあるんだってことを2回のコースアウトで知りました。

 

人生って本当はその人それぞれ。オリジナルで当たり前なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養育費は受け取った方がいいと思った理由

2020年4月に養育費に関する法律が厳しくなった理由として、離婚した元夫の8割が養育費を払わないというデータがあったそうです。

その時は、ちょうど私は調停の真っ最中でした。

 

調停中は婚費でしたが、勝手に減額されたり期日遅れだったりでしたが支払いがない月はかろうじてありませんでした。

裁判所で調停員さんから養育費については何度も言われていたからでしょうね。

そして調停成立後、さっそく最初の養育費から振り込みがありませんでした。 

 

私の知り合いで離婚した方は「養育費は払ってくれた」という人ばかりでした。

一方で、「養育費いらないから離婚してください」と言って離婚した方や、養育費を決めたけど振り込まれなくて諦めたという人も知り合い経由ではいたと聞きました。

みんなそれぞれですね・・・。

 

私の場合、養育費は算定額よりかなり低い「仕方なく」と言わんばかりの、おそらくぎりぎり最低額ですが諦めずに強制執行することにしました。

個人的に、養育費は子供のためのお金なので受け取るべきと思うからです。

もちろん人によって、いろんなケース、相手のタイプがあると思うので無理は禁物ですが。

 

仮に月1万円だったとしても、1万円で子供のためにできることはたくさんあります。

学資保険やその他保険に入ることもできますし、お小遣いにしてあげることもできますし、学用品も買えますし、貯金すれば1年で12万になります。

 

正直、強制執行の手続きは簡単とは言いがたいのですが、調停調書があればそれほど難しくもないので、やればできました。

裁判所に聞けば書き方は教えてくれますし、親切な方が電話に出てくれた時はここぞとばかりに聞きました(笑)

書類さえ出してしまえば後は粛々と進みました。

 

確かに面倒だし元夫から文句のメールが届いたりと精神的に参りそうになりましたが、何よりしっかりした第三者に間に入ってもらえるのは助かりますし、済んでしまえば後は自動的に振り込まれるので楽になります。

何より子供の権利はちゃんと守ってあげたいと思いました。

 

よく頑張ったな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

養育費の手続きその後

あっという間に4月ですね。

3月は早かった~!

 

さて、養育費の強制執行の手続きですが、無事ひと段落終えました。

保管期限ぎりぎりで元夫が郵便物を受け取ったようで、裁判所からやっと送達通知が届きました。

また別途手続きしなくて済んでよかった・・・。

 

ただ、こちらに権利が発生するのは相手が受け取ってから7日後になるので、裁判所に申請してから結局1か月かかりました。

普通であれば、もう1週間ほど早く終わってると思います。

幸い先方の会社はすんなりと応じてくださったので、来月から養育費が受け取れるようになりました。

算定表よりはるかに低い金額で妥協せざるを得なかったうえに、振込手数料は自分持ちではありますが、それでも常識のある第三者を通じてキチンと振り込まれるのであれば精神的に安心です。

 

後は毎月振込確認したら「取立届」というものを毎回裁判所に提出することになります。

色々と手間はかかりますが、子供のためですからね。

 

途中、何度か精神的に辛かった時期もありましたが、弁護士さんが上手くアドバイスしてくださったおかげで乗り切れたので本当に感謝です。

三者を挟んだのはやはり正解でした。

 

そしてやはり「離婚して良かった」と何度も思いました。

 

   

 

 

 

 

裁判所からの通知が届かない

3月ももうあと少しなんてびっくり。

今月は早かったなー・・・。

 

さて、3月上旬に養育費の強制執行の手続きをしたのですが、裁判所から「第三債務者と債務者に郵便を送付しました」という通知がまだ届きません。

時期的に遅いので裁判所に問い合わせたところ、

「会社に届けたという通知は郵便局から来たのですが、債務者(元夫)に届けたという通知がまだ来ません。

受け取り拒否しているか、受け取りの手続きをしていないかだと思いますが、郵便局の保管期間は1週間なので過ぎれば連絡が来ると思いいます。

届かなかったという事になれば、会社のほうに郵便を受け取って本人に渡してもらうという手続きを申請してもらうことになるので、その際はお知らせします」

とのことでした。

 

日常から細々としたことができない性格だったので、おそらく昼間の留守中に届けられ不在票が入ったにもかかわらず、再配達の連絡をしていないと思われます。

もしくは受け取り拒否をしているのかもしれません。

 

どちらにせよ、養育費には興味がない、また払いたくないんでしょうね。

受け取らないなら、こちらは「支払います」と返事してくださった先方の会社に支払先を連絡できないので、粛々と次の手続きをするしかないのですが・・・。

 

ここまで養育費を払ってもらうのに時間と手間がかかるとは思いませんでした。

裁判所の調停調書にも記載したことなのに。

父親失格であることは確実だなと思いました。

つくづく離婚できて良かったと思いました。

 

 

 

 

 

 

養育費は受け取りましょう

桜が咲き始めましたね。

もう春なんだなあ。

家の中にいると寒いけど、外に出ると暖かいですね。

 

さて、2020年4月より養育費についての法律が厳しくなり、実質自営業でもない限りは逃げられない仕組みになりました。

詳しくは法務省や裁判所等のHPをご参照ください。

www.moj.go.jp

 

私の場合は「家庭裁判所における履行の確保の手続」をせずに、いきなり「強制執行の申立て」を選びました。

手続き自体はすべて郵送やネットで書類を取り寄せることができるので、わざわざ法務局や裁判所に出向かなくてもパソコンとプリンターがあれば自分でできます。

裁判所の書類は細かいところまで厳密にチェックされるので、リテイクはありましたが、きちんと訂正箇所を教えていただいたおかげで一回だけの訂正で済みました。

 

なぜ履行確保の手続きをしなかったかというと、

 

①離婚前から「養育費は踏み倒せる。払わなくていいねん。あんなの払うやつアホや」 と何度も口にしていた。

②調停中の婚費すら遅延したり勝手に減額したり、挙句未払い分も払えないと踏み倒 された。

③調停でも、なかなか家売却に応じてくれず、ずっと前の家のローンを払わなければならならず、こちらの負担に全く配慮がなかった。

④差し押さえられる金額に上限がある。

モラハラ夫との直接の会話はできるだけ避けたかった。常識のある第三者(裁判所、 相手の会社)を挟みたかった。

 

などの理由から、裁判所から催促してもらっても罰則がない限りは無視するか、しばらく振り込まれてもまた滞るだろうことは安易に想像できるからです。

子供もまだ手がかかる年代なので、そういうことに毎月振り回されるのは嫌でした。

また、モラハラという温情など何もない人間に温情をかけたところで、微塵も通じないのは長年見て来たのでよく知っています。

私の場合は相手の会社を第三債務者としたので、もちろん会社で何か言われたでしょうが、養育費を払ってくれていれば何の問題もなかったし、こちらも強制執行をせずに済んだので、本人が蒔いた種が結果として本人に返ってきたまでです。

 

おそらく①に関しては、「払わなくてもペナルティがないなら払わなくていい」という感覚で養育費=子供の成長のためのお金と言う感覚がないのでしょう。父親としての義務を果たせてません。

ていうか、養育費を「あんなの」って・・・。

自分は親に大学まで行かせてもらってるのに、ありがたみとか考えたことがなかったんでしょうね。

 

②も同じ理由で自分のことだけしか考えていない発言ばかり調停で聞かされました。

自分の欲しいものは買ってるのに。

 

ただ、相手がまだ常識がある相手であれば「家庭裁判所における履行の確保の手続」で足ると思います。こちらのほうが手続きも簡単です。

強制執行の手続きは、収入印紙や切手代などで8000円くらいかかりましたし、書類を取り寄せる作業に3週間ほどかかりました。

 

強制執行の場合、相手によっては養育費の差し押さえは相手によっては弁護士を依頼した方がいいかもしれません。

相手がDVなどの場合は弁護士を依頼したほうがいいと思います。

私の場合はモラハラ(DVも少々あり)でしたが、それでも何度か弁護士を依頼した方が良かったかなと思いました。

ただ、前の弁護士さんが相談に乗ってくださったのと、裁判所の方が詳しく説明してくださった方がいたので何とか申請が通りましたが、裁判所の方も電話に出る人によっては言い方がきつい方もいました。

あと、申請の仕方については割と詳しくネットに載っていますが、実際の流れや申請後については私が探した限りあまり詳しい情報がありませんでしたので、事前に調べておく方が良いです。

 

もちろん、大前提として離婚する際はきちんと養育費について決めて公正証書などに文書として残しておくようにしてくださいね。

 養育費は子供の権利ですので、安易にあきらめずにできる限り受け取りましょう。

 

 

 

 

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!  

 

 

 

昔のノートを見て驚愕した

日中、だいぶ暖かくなりましたね。

お洗濯物を外に干してもだいたい乾くようになってきました。

 

さて、先日ふと大昔に書いたドリームノート、いわゆる「1年後の理想の自分像ノート本」みたいなのをみつけたので見てみたら・・・

 

びっくり!!!😲

 

もうね、泣けるほど望みが小さすぎて驚愕しました。。。

書いてたのは理想のビジュアルだけ。

「それでいいんかい・・・(昔の)私?!」って思いました。

 

「現在(当時)の自分」の状態は書きだしてたんですが

理想の1年後のいろんな欄はなんと・・・

 

ほぼ空白でした。

 

なーんも想像できなかったのね。

 

まあサバイバルだったもんね。

 

でもこういう本を買ったってことは、現状に幸せを感じてなくて、もっと幸せを感じる生活があるんじゃないかってどこかで思ってたんだろうな。

 

あまり覚えてないけれど、多分この頃は「なんか大変だな」とは思いつつも、まだモラハラにそれほど気づいてない時期でした。

というのも子供も小さくて手がかかるし、会社ではマタハラでもういろいろ各方面いっぱいいっぱいだったんだと思います。

会社では女性の同僚2人にマタハラモラハラやられてたんですが、女性もたいがいエグかったです。

ホント、性格って男女問わずいろんな人いるから、お付き合いする相手は選びたいですね。

会社は意外と男性のほうが親切だったり、助けてくれたり、協力的でした。

 

 

今はもっとノートに「おいおいwww」ってくらいワガママというか無茶な望み書けます。

叶うかどうかは別として、それだけ回復したというか、自由な気持ちになったんでしょうね。

 

ちょっと昔のノートを見て、泣きそうになってしまいました。

 

私、もっと幸せになっていいと思うぞ!

 

過去と今の私にエール送っときます! 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停2年は長かったんだという実感

相変わらず寒いですが、12月に比べるとちょっと日が長くなってきたかな?

だんだん春に向かってる感じがします。

 

今日、久々に昔お世話になっていたカウンセラーさんとお話ししました。

この先生のおかげで離婚に踏み出せたのですが、事情があって調停が終わるまで連絡しないと決めていたので2年かかってやっと報告できました。

 

その先生も離婚をご経験されているのですが、「2年は長かったね・・・。」「しかもかなり大変だったのね・・・。」と言ってくださり、

 

「私はすごい壁を乗り越えたんだな」

 

と改めて実感しました。

 

調停中はなんとか解決しようと必死なのでほぼ戦闘中状態でしたからね。

ネットで見てる限りは普通は半年で解決するみたいだし

 

「いつまで調停しなきゃならないんだろう」

「裁判まで行くのかな?」

「ホントに終わるんだろうか」

 

と何度も思いました。

 

もちろん同居してた時も毎日が「なんとかしなきゃ」のサバイバルモードでしたけども。

やっとサバイバルから抜けたんだなと実感しました。

 

抜けた後は緊張から解放されるからか、どっといろんな感情が沸いてきます。

緊急事態宣言で気ままに外出ができない時期もあり、昔のトラウマややりたくてもできなかったこととか。

今、多分ちょうどそういう時期なんだろうと思う。

おそらくずっと抑圧していたんでしょうね。

 

今までの一般的なモデルパターンである、というか子供の頃に大人に叩き込まれた

 

「結婚して、子供を産んで、家庭を築く」

 

というコースから抜けたので、これからはオリジナルな生き方をすることになるんだなとも思います。

 

ある意味「自由なった」のかもしれません。

 

勿論、今は

「結婚して子供も産んだけど、離婚した」

 

っていうパターンも多いですが、世間的にはまだまだ「結婚=幸せな家庭」というイメージのほうが強いのかなと言う感じなんだけどどうなんだろう?

 

今はまだ自分の着地場所が分からないですが、いずれは「こうしたい」っていう自分が見つかるのかな。